包茎手術

包茎手術のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

包茎手術

「包茎で悩んでるけど、手術するのはちょっと・・・。」「包茎の手術って傷が残るんでしょ?」包茎の手術をするというと、こういった声をよく耳にします。 でも最近では包茎手術の技術も大幅に向上しているのです。とは言ってもクリニック選びはご自分の責任でしっかりと選んでくださいね。 では少しばかりご説明をさせていただきます。 包茎の手術をする際に冠状溝付近が縫合面になるように合わせて精度にこだわった立体的なデザインをするわけです。ペニスの弛緩時の状態と勃起時の状態の差・皮質・ねじれ等個人によって違う性質を見出し反映させます。 麻酔は包茎手術をするためには欠かせないものですね。麻酔に対して神経を注いでいないクリニックなど論外です。評判などをよく仕入れて判断しましょう。 通常は、皮膚表面から即効性の麻酔と持続性の麻酔を調合して表面皮膚から浸潤させていくようです。とにかく患者が安心して包茎手術を受けられることが大切です。 余った包皮を切除する際には、立体的に捉えて手術を行うそうです。包皮の厚さや円周差等を考慮しながら自然な仕上がりにしてくれます。最近では高周波メスを使うクリニックもあるようですが、手術ですから当然出血はしますので卒倒しないようにしてくださいね。 最後に縫合して終わりです。包茎手術には抜糸の不要な医療用縫合糸を使いますので安心です。美容外科の技術も生かされているようです。 包茎手術・・・なぜ包茎は治さないといけないのでしょうか? 包茎は百害あって一利無し!けして言い過ぎでもなんでもないんですよ。常に皮が剥けていなければ不潔です。包皮の内側は常に湿っているので恥垢(アカ)がたまりやすく、バイキンにとっては快適な環境なんです。雑菌・カビ・クラミジア・ウイルスの温床となっているのです。どんなにキレイに洗ったとしても、皮をかぶってから10分もたてば、包皮の中はバイキンでいっぱいになっているんですよ!気をつけましょうね。

スポンサードリンク

Category 包茎手術

包茎についての包茎手術のリンクについて

包茎についての包茎手術のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。